痛風 高尿酸値に朗報 

痛風 高尿酸値でお悩みの方に朗報となるお話です。

まずは、その体験談をご紹介します。

体験談
兵庫 50代 男性 Tさん
神戸市で司法書士をしています。お酒が好きでよく飲むので、数年前から定期的に痛風の痛みがありました。それが、磁気活水を飲むようになって6ヶ月になり、最近気づいたのですが、それ以来、痛風の痛みがまったく起きていないのです。

京都 30代 男性 Yさん
血液検査で高尿酸血症と言われて、痛風の痛みも起きていました。しかし磁気活水に出会って、それを飲んでいたら、痛みも消えて、尿酸値も下がってきました。それで生命保険にも普通に加入できました。


630798.jpg



磁気活水とは


上記の文で出てくる磁気活水について説明します。

水は強い磁気の力を受けると、その構造が変化して、水の性質が少し変わります。成分は変わりませんが、磁力で水の構造が変わり、水が少し活性化するのです。これを磁気活水と言います。

磁気活水で尿酸値が下がる傾向があります。そもそも尿酸値を下げるためには「水をよく飲む」ことがよいわけで、磁気活水をよく飲むことは単純に尿酸値を下げる作用があります。しかしそれだけでなく、磁気活水は浸透性の良い水なので、それを飲むことで、血流が良くなり代謝が向上する、腎臓の働きが良くなって尿酸の排泄が良くなる、などという複合的要素もあると思われます。

また、血流量の低下が痛風発作をもたらす傾向があることが分かっています。血流量の低下で末端の体温が下がり、尿酸の結晶ができやすくなるのでしょう。

磁気活水は浸透性がよいので、それを飲んでいると毛細血管の血流が良くなります。ですからその点からも痛風発作が起きにくくなると考えられます。さらに、磁気活水で入浴すると、普通の水より体がよく温まり、汗がよく出るようになります。それによっても尿酸の排泄は促進されると考えられます。

磁気活水で次のことが起こる可能性があります。
●尿酸の排泄が良くなる
●尿酸の結晶が成長しない
これらのことから、磁気活水で痛風発作が改善され、尿酸値が改善されると期待されます。


副作用もまったくありません。

(情報は下記サイトより)

痛風、高尿酸値と磁気活水の関係、
磁気活水の作り方、飲み方、体験談等、詳細は、下記サイトをご覧ください。



株式会社 Kenkankoのサイトにある『社長ブログ 磁気活水と健康』の中で、『さよなら痛風 高尿酸』に詳しく記載されています。
  ⇩  ⇩  ⇩
引用元はこちらです→磁気活水【Kenkanko】





当ブログ管理者の私が開設したテレビショッピングならぬ、動画ショッピングサイトです。

動画ショッピングいいね>

動画ショッピング美容いろいろ>