磁気活水効果 歯石がつかなくなる

磁気活水の効果として、歯石がつかなくなるというお話です。

歯石はカルシウムの付着です。磁気活水で暮らしていると自然に減ってきます。
人だけでなく、ペットの犬の歯石も減ってきます。犬歯の大きな歯石がボロッととれたりします。犬はよく分かるのでしょう、磁気活水を好んで飲んで元気になります。

下記は、歯石がつかなくなった方の体験談です。

◆実例 : 歯石がつかなくなった 兵庫 Mさん 女性 60代
年を取っても歯を大切にしたいと思って、若い頃から定期的に歯医者さんに行って歯石を除去してもらっていました。家が磁気活水になって、半年後にいつものように歯医者さんに行ったら、「おや、全然ついてませんよ」と言われました。


844605.jpg



石灰化を起こすカルシウムは生命ではない

カルシウムが付着しなくなるなら、骨や歯が溶けるのではないか? と心配する人もいるでしょうが、そうではありませんのでご安心ください。
骨や歯は細胞でできている生命体で、カルシウムはその細胞の中にありますが、石灰化するカルシウムは、細胞の外にあり、体液の中を漂っていて、それは生命ではなく、単なる物質です。石灰化とはその浮遊するカルシウムが析出して付着することです。骨や歯が作られるメカニズムとはまったく別のメカニズムですから、カルシウムの付着がなくなっても、骨や歯が溶けることはありません。



磁気活水とは


上記の文で出てくる磁気活水について説明します。

水は強い磁気の力を受けると、その構造が変化して、水の性質が少し変わります。成分は変わりませんが、磁力で水の構造が変わり、水が少し活性化するのです。これを磁気活水と言います。


磁気活水の性質として、カルシウムが付着しなくなります。
これは、2000年にアイルランドのダブリン大学のコーエイ教授らの研究で明らかになりました。

磁力で起きた磁気活水への変化は、1カ月ほど持続することが実験で観察されています。
この持続時間が大事なポイントで、起きた変化が1秒や1分で消えていたのではほとんど人の役に立ちませんが、変化が持続するので、実生活でメリットが生じるのです。

副作用もまったくありません。

(情報は下記サイトより)


磁気活水の作り方、飲み方、体験談等、詳細は、下記サイトをご覧ください。



株式会社 Kenkankoのサイトにある『社長ブログ 磁気活水と健康』の中で、『さよなら尿路結石』に詳しく記載されています。
  ⇩  ⇩  ⇩
引用元はこちらです→磁気活水【Kenkanko】





当ブログ管理者の私が開設したテレビショッピングならぬ、動画ショッピングサイトです。

動画ショッピングいいね>

動画ショッピング美容いろいろ>