乳腺の石灰化が消えた体験談

人間の体は、いろいろなところが石灰化しますが、乳腺も石灰化があります。
お乳にはカルシウムが濃厚に含まれていますから、お乳が出る経路にカルシウムの付着が起きるのは当然です。これは異常でも何でもありません。
なぜこれが問題になるかというと、マンモグラフィーによる乳ガン検診で「石灰化」が見つかると、黄信号が出るからです。99.9%は何の問題もないのですが、マンモグラフィーはX線検査で、乳房をX線で透視して見えるものは、脂肪や肉は見えず、石灰ぐらいしか見えません。つまりマンモグラフィはがんを見つけているのではなく、石灰質を見つけているだけです。このように乳腺の石灰化自体は何の心配もないのですが、それでも黄信号が出るとイヤですよね。

下記は、あることをして、乳腺の石灰化が消えた体験談です。

◆実例 : 乳腺の石灰化が消えた 兵庫 Yさん 女性 40代
エステティシャンのYさんは、乳がん検診でマンモグラフィ検査をしたら、乳腺に石灰化があると言われ、2ヶ月後に再検査しましょうと言われました。びっくりして「えー、どうしよう」と悩んでいた時に、たまたま家に磁気活水器がついたので、磁気活水ををよく飲むようにしていました。すると2ヶ月後に再検査したら、石灰化は消えていて「何の問題もありません」と言われました。


106402.jpg


上記の文で出てくる磁気活水について説明します。

水は強い磁気の力を受けると、その構造が変化して、水の性質が少し変わります。成分は変わりませんが、磁力で水の構造が変わり、水が少し活性化するのです。これを磁気活水と言います。


磁気活水の性質として、カルシウムが付着しなくなります。
これは、2000年にアイルランドのダブリン大学のコーエイ教授らの研究で明らかになりました。

磁力で起きた磁気活水への変化は、1カ月ほど持続することが実験で観察されています。
この持続時間が大事なポイントで、起きた変化が1秒や1分で消えていたのではほとんど人の役に立ちませんが、変化が持続するので、実生活でメリットが生じるのです。

副作用もまったくありません。

(情報は下記サイトより)


磁気活水の作り方、飲み方、体験談等、詳細は、下記サイトをご覧ください。



株式会社 Kenkankoのサイトにある『社長ブログ 磁気活水と健康』の中で、『さよなら尿路結石』に詳しく記載されています。
  ⇩  ⇩  ⇩
引用元はこちらです→磁気活水【Kenkanko】





当ブログ管理者の私が開設したテレビショッピングならぬ、動画ショッピングサイトです。

動画ショッピングいいね>

動画ショッピング美容いろいろ>