人工透析を免れた体験談 ~ 磁気活水 ~

腎臓が石灰化し、3ヶ月後には人工透析開始と医師に宣告されたが、磁気活水の生活をして、人工透析を免れた方の感想です。


◆実例 : 人工透析を免れた 兵庫 Kさん 男性 70代
Kさんは腎臓が石灰化しており、3ヶ月後には人工透析開始と医師に宣告されていました。そのとき家に磁気活水器が付いて、その水を飲み、その水で入浴していたら、3ヶ月後の検査では異常がなくなり、人工透析を免れました。その後6年間、人工透析にならずに元気でいます。


◆実例 : 腎臓結石が消えた 兵庫 Kさん 男性 50代
7年前の健康診断で、レントゲン検査で腎臓に石が4つあると言われました。医師には、急いで何かする必要はない、と言われましたが不安でした。このたび家の水が磁気活水になったので、水を良く飲むようにしましたら2ヶ月ほどして黒っぽい尿が出て、便器に砂のようなものが残りました。翌年のレントゲン検査では腎臓の石は1個になっていました。たぶんあの時石が出たのだと思います。


348709.jpg



上記の文で出てくる磁気活水について説明します。

水は強い磁気の力を受けると、その構造が変化して、水の性質が少し変わります。成分は変わりませんが、磁力で水の構造が変わり、水が少し活性化するのです。これを磁気活水と言います。

結石の主な成分は、シュウ酸カルシウムです。
体液中のカルシウムは析出して体内のあちこちに沈着して、健康に害を及ぼします。


磁気活水の性質として、カルシウムが付着しなくなります。
これは、2000年にアイルランドのダブリン大学のコーエイ教授らの研究で明らかになりました。

磁力で起きた磁気活水への変化は、1カ月ほど持続することが実験で観察されています。
この持続時間が大事なポイントで、起きた変化が1秒や1分で消えていたのではほとんど人の役に立ちませんが、変化が持続するので、実生活でメリットが生じるのです。

副作用もまったくありません。


(情報は下記サイトより)



磁気活水の作り方、飲み方、体験談等、詳細は、下記サイトをご覧ください。


株式会社 Kenkankoのサイトにある『社長ブログ 磁気活水と健康』の中で、『さよなら尿路結石』に詳しく記載されています。
  ⇩  ⇩  ⇩
引用元はこちらです→磁気活水【Kenkanko】








当ブログ管理者の私が開設したテレビショッピングならぬ、動画ショッピングサイトです。

動画ショッピングいいね>

動画ショッピング美容いろいろ>