尿路結石を手術せずに解消 ~ 磁気活水 ~

磁気活水を飲むことで、尿路結石を手術せずに解消させた方の感想です。

◆実例 : 手術しなくて済んだ 大阪 Tさん 女性 60代
2週間後に結石を取る手術の予定でしたが、友人がペットボトルで磁気活水を届けてくれて、それを飲んでいたら手術前日に石が出て、手術しなくて済みました。

◆実例 : 尿路結石が消えた 福井 Tさん 女性 60代
家の水を磁気活水にして1年ほどしたら、尿路結石が出ました。あるとは知らなかったんで驚きましたけど。80代の母は、初め尿が白く濁りましたが、やがて透明になりました。なんだかカルシウムっぽいものが出たんだと思います。

◆実例 : 激痛が起こらなくなった 福井 Hさん 女性  60代
尿路結石で、時々激痛が起きて苦しんでいましたが、家の水が磁気活水になってしばらくして、夫から「このごろ苦しまないね」と言われました。そういえば尿が赤くなったことがあり、その時排出されたようです。その後6年以上まったく再発していません。


846615.jpg


上記の文で出てくる磁気活水について説明します。

水は強い磁気の力を受けると、その構造が変化して、水の性質が少し変わります。成分は変わりませんが、磁力で水の構造が変わり、水が少し活性化するのです。これを磁気活水と言います。

磁気活水の性質として、カルシウムが付着しなくなります。
これは、2000年にアイルランドのダブリン大学のコーエイ教授らの研究で明らかになりました。


結石の主な成分は、シュウ酸カルシウムです。
体内に磁気活水が入ると、体内にある尿路結石は溶け始め、再び尿路結石が出来ることはありません。

副作用もまったくありません。

磁力で起きた磁気活水への変化は、1カ月ほど持続することが実験で観察されています。
この持続時間が大事なポイントで、起きた変化が1秒や1分で消えていたのではほとんど人の役に立ちませんが、変化が持続するので、実生活でメリットが生じるのです。

尿路結石を外に排出するには、全部が溶ける必要はありません。
結石の角が少し溶けて丸くなれば、引っかかりがなくなり、サイズも少し小さくなって、スポンと尿路を通り抜けてくれます。

磁気活水を飲めば、2ヶ月もあればたいていの尿路結石は排泄されてしまうでしょう。

尿路結石、尿道結石の対処法として、縄跳びをするとか、ビールをたくさん飲むとか言われますが、苦労せずに、安上がりで、しかも効果体験者がある水の力が注目されます。


(情報は下記サイトより)




磁気活水の作り方、飲み方、尿路結石の体験談等、詳細は、下記サイトをご覧ください。


株式会社 Kenkankoのサイトにある『社長ブログ 磁気活水と健康』の中で、『さよなら尿路結石』に詳しく記載されています。
  ⇩  ⇩  ⇩
引用元はこちらです→磁気活水【Kenkanko】


当ブログ管理者の私が開設したテレビショッピングならぬ、動画ショッピングサイトです。

動画ショッピングいいね>

動画ショッピング美容いろいろ>