睡眠でアルツハイマーの原因物質アミロイドベータ(β)が排泄される

認知症のひとつ、アルツハイマーは、アミロイドベータ(β)という物質が脳に蓄積されて引き起こされると言われています。

このアミロイドβは、睡眠中に脳内の水(脳脊髄液)に排泄されて、脳外に運び去られることが、アメリカの研究で分かり、2013年10月の米国科学誌サイエンスに発表されています。

そのメカニズムとして、睡眠中は、脳細胞の大きさが約60%まで収縮して、脳内に隙間が出来て、水が速く自由に脳内を流れることができるようになり、排泄のスピードが昼間の10倍になるそうです。

脳細胞から排泄された老廃物は、脳脊髄液の循環によって肝臓や腎臓に運ばれて、体外に排泄されます。脳脊髄液もリンパ液の一つで、リンパ液は骨格の筋肉の収縮、弛緩などによって循環しています。

睡眠を良くとることがアルツハイマー予防に重要といえるようです。

また、老廃物を排出するための水分も重要ですね。


821739.jpg


水分を十分にとる

認知症の予防、治療に水が有効という医師の本もあります。

アミロイドβという老廃物を脳内に満ちた水で外に排出する。というメカニズムを考えると、認知症の予防、治療に水が有効という話と一致します。

睡眠と水分を十分にとるという生活習慣がアルツハイマー、認知症予防に重要なんですね。


これらの情報は、 Kenkankoのサイトにある『社長ブログ 磁気活水と健康』の中で詳しく記載されていますが、磁気活水は、普通の水より、体への浸透性が高まり、認知症予防にもより期待ができるようです。

脳内ではドーパミンとかセロトニンとかいろいろな脳内物質が分泌されて脳の働きが制御されていますが、脳に水が満ちるとその分泌が調整されて、良質の睡眠をもたらしてくれるようです。

また、体験談では、磁気活水で暮らすようになったら「怒りの感情」があまり起きなくなったということです。心が穏やかになるのです。これも良い睡眠をもたらしてくれます。


また、磁気活水が、脳の血管の石灰化を防いで、血管が硬くなるのを抑えることもわかりました。


(情報は下記サイトより)



株式会社 Kenkankoのサイトにある『社長ブログ 磁気活水と健康』の中で、『さよなら認知症』に詳しく記載されています。
  ⇩  ⇩  ⇩
引用元はこちらです→磁気活水【Kenkanko】



人間の体は、細胞に水と酸素と栄養を届けて、細胞で発生する老廃物を除去できれば、健康に生命を維持できるそうです。

この体内循環が大事なんですね。


私自身も緑内障を改善するために、磁気活水を日々飲んでいますが、現状の病気だけでなく、将来の不安、認知症まで予防できると思うと、飲むたびに得した気分になります。






当ブログ管理者の私が開設したテレビショッピングならぬ、動画ショッピングサイトです。

動画ショッピングいいね>

動画ショッピング美容いろいろ>