脳梗塞から生還した母

実例:脳梗塞から生還した母
和歌山Hさん 女性 40代
離れて住む母が脳梗塞で倒れて、救急車で運ばれました。重症で、担当医から、明日か明後日には亡くなると言われて、姉妹で泣きながら葬式の準備をしました。私の家には磁気活水器がついていたので、死ぬ前にせめてと思って、磁気活水を病院に持って行き、それこそ「死に水」のようにして、ガーゼに含ませて母の口元に持ってゆきました。すると母は、おいしそうに飲んだのです。そして今、家で母を介護をしています。母は病院から生きて帰ってきたのです。


上記は、株式会社 Kenkankoのサイトにある『社長ブログ 磁気活水と健康』の中で、『さよなら脳卒中』から引用させていただいた体験談です。
  ⇩  ⇩  ⇩
引用元はこちらです→磁気活水器【Kenkanko】



748468.jpg


脳梗塞で死を迎えられる方も大勢いらっしゃいます。
その中で、上記の体験談は、磁気活水で死の淵から回復されたという奇跡のようなお話です。

医師から明日か明後日の死亡を宣告されたら、なおさら、磁気活水の効果を実感されているのだと思います。


磁気活水の特性

磁気活水は、 1.毛細管現象が起きやすい 2.カルシウムが付着しない、 という物理的特質があります。そのため、 1.血の巡りが良くなる 2.血管の石灰化が防げる ということが期待できます。

このような磁気活水の物理的特性が脳梗塞体験談のような奇跡が生れたのかもしれまん。
医学界としては奇跡でも、磁気活水の世界では普通とも言えるかもしれません。



上記ブログによると、血の巡りが良くなることによって、体自身が血圧を上げる指示を出す必要がなくなり、血圧も正常値になると言います。

また、血管の石灰化が防げるということから、血管が硬くなるのを抑えることが期待できます。

その結果、脳梗塞、脳出血といった脳卒中の危険性を減らすことも期待できるわけです。


人間の体は、血を体中に巡らせて、酸素と栄養を運び、不要になった物質を外に運び出して、生命を維持しています。

この重要な血流をスムーズにすることが、健康につながっていますが、それを強力に助けているのが、磁気活水といえると思います。


(情報は上記ブログより)

磁気活水の特性、脳卒中体験者の声、脳卒中以外の症状の磁気活水利用者さんの体験談等が下記のサイト、付随のブログに掲載されています。


私自身も緑内障を改善するために、磁気活水を日々飲んでいます。

血管を安全な状態に保つには、生活上の食事や運動等も重要ですが、磁気活水という体に良い特性を取り入れることも、簡単に血流を良くする方法だと思います。

詳しい情報はこちらをご覧ください。
  ⇩  ⇩  ⇩
  磁気活水器【Kenkanko】


当ブログ管理者の私が開設したテレビショッピングならぬ、動画ショッピングサイトです。

動画ショッピングいいね>

動画ショッピング美容いろいろ>