脳梗塞の影が消えた ~磁気活水体験談~

実例:脳梗塞の影が消えた 
大阪Kさん 女性 60代
5年前に当時80才だった母が、脳梗塞で倒れました。病院に磁気活水を運んでたくさん飲むようにしていたところ、主治医も驚くほど順調に回復して、CTで見たら脳梗塞の痕跡がほとんど消えていました。主治医の先生は「80才を過ぎて脳梗塞になって、こんなに回復する人は少ないし、脳内のCTの影が消えた人は見たことがない」と驚いています。今では、ほとんど薬も飲まなくなり、倒れる前より元気です。


上記は、株式会社 Kenkankoのサイトにある『社長ブログ 磁気活水と健康』の中で、『さよなら脳卒中』から引用させていただいた体験談です。
  ⇩  ⇩  ⇩
引用元はこちらです→磁気活水器【Kenkanko】



392530.jpg



脳梗塞の後遺症で不自由な生活をされている方も多くいらっしゃいます。
その中で、上記の体験談で語っていらっしゃる方は、磁気活水で回復されているようです。

脳CTで、脳梗塞の影が消えたというのはすごいですね。
医学的には、医師も驚くことが、磁気活水の働きとしては普通のことなのかもしれません。

磁気活水の特性

磁気活水は、 1.毛細管現象が起きやすい 2.カルシウムが付着しない、 という物理的特質があります。そのため、 1.血の巡りが良くなる 2.血管の石灰化が防げる ということが期待できます。

上記ブログによると、血の巡りが良くなることによって、体自身が血圧を上げる指示を出す必要がなくなり、血圧も正常値になると言います。

また、血管の石灰化が防げるということから、血管が硬くなるのを抑えることが期待できます。

その結果、脳梗塞、脳出血といった脳卒中の危険性を減らすことも期待できるわけです。

人間の体は、血を体中に巡らせて、酸素と栄養を運び、不要になった物質を外に運び出して、生命を維持しています。

この重要な血流をスムーズにすることが、健康につながっていますが、それを強力に助けているのが、磁気活水といえると思います。


(情報は上記ブログより)

磁気活水の特性、脳卒中体験者の声、脳卒中以外の症状の磁気活水利用者さんの体験談等が下記のサイト、付随のブログに掲載されています。


私自身も緑内障を改善するために、磁気活水を日々飲んでいます。

血管を安全な状態に保つには、生活上の食事や運動等も重要ですが、磁気活水という体に良い特性を取り入れることも、簡単に血流を良くする方法だと思います。

詳しい情報はこちらをご覧ください。
  ⇩  ⇩  ⇩
  磁気活水器【Kenkanko】


当ブログ管理者の私が開設したテレビショッピングならぬ、動画ショッピングサイトです。

動画ショッピングいいね>

動画ショッピング美容いろいろ>