緑内障『磁気活水器』実践報告 ~効果出始め?~

緑内障改善の効果を期待して、目の血流を改善させるために『磁気活水器』を使用しています。

『磁気活水器』で作った磁気活水を飲み始めて20日ほど経ちます。

若干変化が出て来ました。
目にもその日の調子の良し悪しがありますから、即、磁気活水効果とは断定できませんが。


緑内障 文字の見え方

緑内障は、初期の段階では、片目づつ見ても、どこが欠けているのかよくわかりませんが、
進行していくと、はっはりと認識していきます。

私の場合、左目が自分で欠損箇所が認識できるレベルです。
右目も点眼をしている状況です。

日々、自分で見え方のチェックしている方法を紹介します。


787516.jpg


片目を手で隠して、カレンダーの数字を見ます。
縦横35センチほどのカレンダーを1メートル30センチくらい離れて、カレンダーの真ん中の数字に焦点を合わせます。
そして、周りのどの数字が見えるか、欠けているかで、現在の欠損状況を判断しています。

これは、緑内障、視野欠損を経験した人でないと分からないと思いますが、
一つの数字、文字に焦点を当てると、その隣の文字がぼやけて見えない場合、見えないという現象には、文字の大きさは関係ありません。

言葉で分かりやすく例で説明すると、
10センチ四方の枠に一文字“あ”が書いてあります。
もうひとつ、同じ10センチ四方の枠を4等分して、それぞれの枠に“か”“き”“く”“け”が書かれています。

“あ”と“か”“き”“く”“け”のひとまとめの大きさは同じです。

“あ”は良く見えます。
次に“か”“き”“く”“け”の10センチ四方に目を移すと、同じ大きさだから4文字とも良く見えると思うでしょ?

ところが、“か”“き”“く”“け”を一瞬で認識することができないのです。
“か”“き”“く”“け”それぞれ一文字づつ目を移していかないと認識できないのです。

恐らく、これは、脳の文字認識の影響が絡んでいるのだと思いますが、
この現象は、どんなに大きな看板、小さな新聞の文字でも同じです。



欠損していた部分が見える?

私の左目の見え方は、中心文字は見えますが、その周辺は良く見えない状況です。
見えないというのは、白いすりガラスで覆われている状況です。

一つのカレンダーはそのような状況ですが、2つ並べている隣のカレンダー(視野の外側)の文字は見えます。
つまり、視野全体では、見える部分と見えない部分がまばら状態です。

さらに言うと、文字は、はっきり認識できないけど、風景としては分かります。
左目だけでも、物を手に取ることもできるし、物体を認識して歩くことも出来ます。

ちなみに、緑内障患者さんはひとりひとり、見え方は違います。

そんな中、毎日、カレンダーで目の見え方をチェックしていますが、
本日、チェックしていると、あれ?今までこの部分は見えていなかったはずだけど、
見える。という場所がありました。

具体的に言うと、6月のカレンダーで、中心の日付、14に焦点をあてると、10日が見えます。
すりガラスといっても、完全真っ白というわけでなく、なんとなく文字があるなというかすれた見え方の数字もあります。
10日を意識していたわけではありませんが、何か見え方に変化があったように思えます。

これが中心数字14の上下左右の数字がくっきりと見えるようになったら、声高にお伝えできるのですが、
まだ、そこまでは至っていません。

でも、必ず、くっきりという表現が出来ると私自身は信じています。


緑内障対策 血流をよくするために『磁気活水』

緑内障対策には、目の血流を良くすることが大事。と言われています。

私は、網膜の毛細血管に血が行き渡らないことによって、網膜にある視神経が弱くなり視野が欠けていく。
という見地から、毛細血管に十分に血を流すために磁気活水器を使用しています。

磁気活水の特徴として、『毛細管現象が起きやすい』という事象があります。
毛細管現象とは、細い管の中を水が重力などに逆らって上昇してゆく現象で、植物が水を吸い上げるときに起きている現象です。(下記紹介サイトより)

血液は、体に必要な酸素、栄養を運んでくれます。
目の網膜の毛細血管の通りが悪いために、栄養たっぷりな血液が届かず、目の網膜、視神経が疲弊して、視覚情報が脳に渡っていないのだとすれば、『磁気活水』がもつ毛細管現象を利用して、毛細血管にどんどん血液、栄養を流して、網膜、視神経が元気に復活できれば、緑内障が治るのではないかと信じています。

欠損した視野は戻らない。とする現在の医学常識を打ち破るため。
というより、自分自身のため。できることなら、同じように視野欠損で苦しくでいる人たちのために、自分が良いというものに飛びついて実験している。という感じです。


緑内障の診断を受けた方が、『磁気活水』で1年後に緑内障の兆候がなくなった。という報告も下記サイトに付属のブログで報告されています。

詳しくは、こちらをご覧ください。
ブログには、緑内障以外にも、尿路結石、痛風、高尿酸値、で喜びの体験記も載っています。
  ⇩  ⇩  ⇩
磁気活水器【マイルドシャワー】









当ブログ管理者の私が開設したテレビショッピングならぬ、動画ショッピングサイトです。

動画ショッピングいいね>

動画ショッピング美容いろいろ>